身体の中の毒物を出せば健康になれる

健康になるためには、身体の中の毒物を外に出せれば健康になれます。
人の身体には、自然治癒力があるので、身体が浄化させていれば、健康になれるのです。

そのためには、水を沢山飲むことです。水を1日最低2リットルは飲むようにしてください。
身体の中の毒物を出すためには、尿か汗でしか出すことができないのです。とくに最近、注目されているのが、水素水なのです。
水素水は水の粒子が細かいので、身体の細胞にまで入りやすくなっています。身体の中の毒物をさらに外に出せる効力があります。

水を飲むにしても、水素水を飲むにしても、人の身体で一番毒物が出せる時間帯は、午前4時から12時までの時間帯なのです。
つまり午前中なのです。その時間にできる限り、多くの水を飲むことで、毒物を排泄することができるようになります。

水を沢山飲むと当然トイレが近くなりますが、トイレに何回も行くことで毒物が排泄されているのです。
健康になるためのポイントは、毒物を排泄することで、身体の自然治癒力が身体を自然に健康にしていきます。
水素水を多く飲めるのであれば、さらに身体の中の毒物を出すことが加速化されていきます。

毎日、水や水素水を飲み続けることで、身体が浄化されますので、まずは習慣化が必要になっていきます。
普段、意識して水を飲んでいない人は、まずは水を飲むことを意識していきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です